STATEMENT


翻訳者的建築家像

「建築家とは翻訳者である」と、考えています。正確に言うと、「建築家とは、翻訳的な側面をもった表現者である」と、考えています。
新しく設計を始めるとき、私たちの存在に先立って、敷地条件や気候、風土、風向き、方位、都市計画など、様々な与条件や、変えることのできない環境が存在します。既につくられた関係性の中で新しく設計を始めるため、一見平坦に見えるそれらの膨大な与条件にどのような起伏を見出すか、どのような視点や解像度でまちや世界を読み解くか、その 「翻訳の精度」とでもいうべき能力が、でき上がるデザインや建築の質に大きく関わります。建築とは、「まわり」との関係を一度リセットしてつくることができるものではなく、「まわり」のことを気にせずに、個人がつくりたいものを好き勝手につくっても、本当の意味で豊かな「けんちく」にはならないのではないでしょうか。建築家の職能とは、プロセスを切断し最後に選び取ったもの(できあがった色やカタチ)や、選び取った個人の「手」そのものよりも、その「切断」や「決定」に至るまでに繰り返された取捨選択、その「翻訳的」な作業によって得られた「新しい解釈」にこそ、個人のアイデンティティが存在し、 建築的な考え方の可能性や、建築家という職能の存在意義があると感じています。

「建築」とは、人の命を守り、より良い関係性を生み出すために、物事に「色やカタチ」を与える行為なのだと思います。私たちは、よりよい生活を実現するために、よりよい関係性を導くために設計するのであり、「色やカタチ」の先にある幸せな関係性を目指して設計しています。

それぞれの場所には、その場所なりの読み解くべき状況や地形、情報の起伏があり、また、その場所に暮らしている人や、その場所で暮らしたいと願う人たちがいる、そのこと自体が可能性であり、未来への希望です。まちには十分に活用されていない事柄があり、たくさんの隠れた才能や知恵が存在します。既に存在する情報や技術、才能や知恵の可能性を信じ、翻訳的に向かい合い、生活者から出発した議論によって統合する。そのようにして生まれたまちや建築さえも自分たちの視点で読み替えていく「自走するたくましい知性」に出会うために、これからもたくさんの人びとの夢に付き合い、設計を続けたいと考えています。

面検索的設計プロセス

私たちは設計を進める過程で、たくさんの模型をつくります。
そのプロセスでは、設計スタッフだけでなくプロジェクトに関わる全者と議論し、課題を設定し、必要なリサーチを行い、色やカタチをもった表現に架橋します。「解釈」と「表現」を繰り返し、「部分」と「全体」を行き来し、そのプロセスの履歴(思考の履歴)を、模型と、誰でも理解できるようなとても単純で正確な言葉(タグ)で保存する。それをもとに再び議論し、更新し、また新しいプランと模型をつくる。ひとつの方向性だけでなく、たくさんの可能性について全方位的に検討することを目指すこのプロセスを、「面検索的設計プロセス」と呼んでいます。建築の専門者ではないクライアントや一般の人びとと対話するためには「模型」が一番わかり易く、それは私たちにとっても同じです。模型は「自分たちが何を考えているのか、その意思を伝えるため」というよりも、「プロジェクトに関わる全ての人たちとの対話のきっかけを探している」といった方が近いかもしれません。毎回、同じ作業を淡々と繰り返し、結果として、たくさんの模型と言葉(タグ)が履歴として残ります。計画の出発地点と辿った経路、現在地が物理的に履歴として保存されるため、誰でも、どの地点からでも議論に参加することができる開かれた設計プロセスです。この過程を経ることで、できるだけ多くの情報を受け入れ、課題を乗り越え、よりよい状態を設計したいと考えています。
また、そのような「つくる過程」で生まれる「どう思う?」や「こう思う。」という体験を共有することで、まちや建築の見方を増やしたり、新しい気づきを与えることができたらと考えています。

An architect act like a translator

“An architect acts like a translator.” The statement is always on my mind. It’s nothing new to say that in loud.
When we start a new project, there are already enormous given conditions and untouchable environments like site conditions, climate, wind, direction, existing urban planning, etc. The quality of architecture has deep relationship with the ability of “precise translation.” The ability is about how to create original interpretations of enormous information, decipher cities and the world with high resolution perspectives and create novel perspectives towards cities and the world. It is impossible to create architecture by resetting relationship with surrounding situation/environment. And it is also impossible to create architecture with experimental richness by ignoring the surroundings and situation.
The work ability of architects is how to get the new interpretations about architecture through the translational process which consists of enormous selections to make decisions. And the interpretation itself is more important than the decisions. In the interpretation, there are identities, possibility of architectural thinking process and the meaning of existence of architects.

Recently, it is getting scarce that the relationship of mutual trust between things which surround our ordinary lives. For instance, cities, architecture, products, people, etc. It might be a compensation of creators’ acts. Some of creators have been making “architecture which meant to be architecture” or “design which meant to be design.” In this kind of situation, we consider that it is necessary for creators to describe facts accurately against fundamental inquiries, not perplexing concept or beautiful and poetic expressions. Through the accumulation of the actions, it is going to be a first step which enable our cities to develop towards a better future. Through the process, there will be discussions and conversations on residents’ initiative, and beyond the experience, we believe that there are going to be a novel relationship and novel architecture.

Omnidirectional Planning Process

In our firm, we do omnidirectional searching studies to take communication with each other, and develop projects structurally. We set issues based on city planning, laws and regulations, research of site situation and hearing from people who are related to the project. After that, based on our interpretations, we select terms and conditions to create plans and study models. Then, discuss about the result with people involved , and re-interprete the project. We keep this process, which contains three phases, interpretation, selection and evaluation, to verify possibilities as much as possible. All the records of our thinking process got together based on plans, models and labels, and we re-evaluate the results objectively and improve it. In the process, it is really important for us that the process contains calculations, which means that certain process leads us to particular results, and back calculations, which means how we get the results through what kind of process. There is nothing more or less. However we consider that the establishment of the shared knowledge with values and information through the process and communication leads us to the novel architecture. And we also believe that we can obtain brand new perspectives to the city and architecture, and show new frontiers of cities through the discussions in the process.